2010年05月30日

楽天が英語を公用語へ

グローバル企業では、社内で英語が普通に使われています。

楽天は国内での事業が今のところはメインですが、それでも英語の「公用語」化の動きがあるそうです。

中身としては、経営会議や一般業務の会議など、社内で使われる言葉を全て英語に統一するというもの。

楽天はこれまでも今年1月から取締役会などの会議を英語で行っているみたいで、毎週月曜日に行う全社会議も3月から英語で行っているそうです。

楽天のみにかかわらず、これからはこういう会社が増えてくると思います。

英語ができないと生き残れないですからね、今の時代。

これから世界を相手に起業・開業しようと考えている方は是非英語をやっておくとよいかもしれませんね。

posted by east-west at 02:56| 英会話